So-net無料ブログ作成
検索選択

楽天・下柳剛 二軍から復活なるか? [プロ野球]






とうとう、下柳剛が二軍行きを通告された。 これまで4試合に先発し未だ未勝利。最初の3試合は大きくは崩れていなかったが、4試合目では早々と2回に見切りをつけられて交代。 う~ん。やむを得ないか。 もともと俺は球団創設当初から楽天に注目していた。 ホリえもんによる買収騒動などを経て誕生した弱小球団・楽天 近鉄消滅後、なぜか元近鉄の主力選手はこぞってオリックスに流れ、残ったのはレギュラークラスとは言えない選手ばかり。計算できる選手は、岩隈くらいだったか。 そんな、弱小球団を見ると、つい応援したくなるのは俺だけではないんじゃなかろうか? 予想通り、一年目は明らかに他のチームとの力の差が数字に現れるスタートを切ったが、長~い目で見てやろうと思った。 最初にアレ?と思ったのが田尾監督の解任。確かに酷い成績だったが、それは織り込み済みのはず。フロントも成績が解任の理由ではないといったそうだが・・・・。では、なぜ? しかし、名将・野村克也の登板が決まり、期待が高まる。そして、さすがに弱小球団をひきいて優勝してきた監督だけのことはある。大ベテラン山崎を復活させ、3年目にシーズン2位に入りるという大躍進をした。ところが、クライマックスシリーズを前にして突然の野村監督解任発表。は??????? この辺から、なにか嫌な感じがしてきた そして、引き続き、球団の功労者といえる渡辺直人、山崎武司を放出。 ???????? もう、正直、楽天を応援しようという気持ちはなくなってきた。 どんなに現場にいるプレーヤーや監督ががんばっても、報われない。こういうのって、すごくシラける。 だけど、また楽天に気になる男が入ってきた。 そう、鉄腕・老練の下柳剛だ。 下柳は20代の頃、毎日のように試合に登板していたような印象がある。こんなに投げてたら長くは持たないだろう。多くの人は思っていたはずだ。
ところが、つぶれない。 そして、30代になってから先発に転向。若いころのような速球はなくなっていたが、なぜか勝つ。勝ち星を積み重ね不動のローテーションの地位を確立。阪神の優勝にも貢献した。 30歳をすぎてから勝ち星が増えていく。 こんなタイプの投手は珍しいんじゃないか? あの野人のような風貌とぶっきら棒な態度。 ものすごく男臭くて、本当に臭ってきそうなくらい臭そうで、俺は好きだ。 下柳はバリバリの20代の頃より、球速が落ちてくる30歳を過ぎてからのほうが勝ち星が増えてきた。珍しいピッチャーだ。50歳くらいまで投げてるんじゃないかと期待していた。 しかし、そこに衝撃の2軍落ち。 今年44歳という年齢を考えると、這い上がるのはかなり難しいかもしれない。 もう、チャンスを与えてくれないかもしれない。 だけど、復活してきて欲しい。 そして、弱くて魅力もなくなってきた楽天を引っ張って行って欲しい。 俺は待っている!立ちあがれ、下柳剛!










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました