So-net無料ブログ作成

広島カープ・栗原健太 今季絶望? [プロ野球]






残念なニュースだ。
右肘痛のため、1軍登録を抹消されていた広島の・栗原が手術を受けることになった。診断名は「変形性肘関節症」。
08年オフに受けた右肘遊離軟骨除去出術の再発らしい。
アスリートにはつきものの古傷だが・・・・、痛すぎる。
これで今季は絶望とみられている。





今年の広島カープには大いに期待をもって見ていた。
そう、投手王国復活の兆しが見えていたからだ。
特に前田健太を中心とする先発投手陣の充実
前田健太、大竹寛、篠田純平、福井優也、野村祐輔、ブライアン・バリントン。
この6人がしっかりローテーションを回している。
面白いのが、この6人全員ドラ1入団の投手らしい。
一部ではこの6人の事をドラ1SEXTET(セクステット)と呼んでいるらしい。

そしてこの先発セクステットのみならず、後ろのセットアッパー・キャム・ミコライオ、ストッパーのデニス・サファテにも安定感があり、十分Aクラスが、いやいや、21年ぶりの優勝も狙えるのではないかと期待できる。できるのだが・・・・

やはり攻撃力には物足りなさを感じる。そこへきて4番栗原が今季絶望とは・・・・。

球界一といってもいい貧乏球団でありながら、球界随一の育成球団でもあった広島。古場監督率いる赤ヘル初優勝以来、安い素材を鍛え上げ、何度も優勝しAクラスの常連であった時代もある。しかし、あの悪しきドラフト制度導入後、せっかく鍛え上げた主力をことごとく巨人や阪神などの人気チームに引き抜かれ、ここ20年以上低迷が続いていた。

こんな構図は正直言って面白くない。

広島のようなチームが優勝して、チーム力は金で買うのではなく、人を育てて作り上げるものだということを証明してほしい。

だからこそ、今年の広島には期待している。

聞くところによると、栗原の穴埋めとして、ベイスターズを解雇された石井がファーストミットを用意して練習しているらしい。こういう泥臭くがんばっているベテランや、あるいは叩き上げの若手が出てきて、カープを大いに盛り上げて欲しい。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました